Windows10 एक गैर संगत मॉडल उन्नयन

東京本社のNです。विंडोज10への無料アップグレード期間が7/29までとのことで、社内でも駆け込みアップグレードが盛んです。

未使用のマシンにもविंडोज10を順次入れていますが、विंडोज10が非対応とされている機種にもアップグレードしましたので忘備録として残します。

今回対象のマシンは、eMachineのEL1358-N22D。社内には3台ありました。

コンパクトで見た目はまだ古さも感じないのですが、eMachineは格安ブランドとして世界中で一世を風靡(?)したものの、牛の模様(懐かしい!)の米国Gatewayに買収され、さらにGatewayが台湾のAcer社に買収され、AcerからもeMachineブランドの終了がアナウンスされました。

それもあるんでしょうが、विंडोज10はサポートされないようです。

w1

スペックは、

  • CPU AMD Athlon II X2 260 3.2GHz
  • チップセット nVIDIA nForce 430
  • メモリ DDR3-1333MHz SDRAM デュアルチャネル対応DIMM 最大4GB
  • ビデオ オンボード nVIDIA GeForce 6150SE
  • HDD SATA 500GB
  • DVD DVD±R/±RW/-RAM
  • スロット PCI Express x1×1(1)、PCI Express x16×1(1)
  • LAN 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
  • プリインストールOS विंडोज 7 Home Premium SP1(32bit)

と、開発に使うのでなければ、まだまだ使えそうです。

विंडोज7のデスクトップ右下のツールバーにも、ちゃんと विंडोज10 へのアップグレードのお誘い通知が来ていました。

w2

この格子のアイコンをクリックします。

w3

今は駆け込み需要でダウンロードが混むからなのか、「無償アップグレードの予約」も可能となっていますが、このままविंडोज10へのアップグレードを進めます。

w4

承諾ボタンを押すとダウンロードが開始し、ダウンロードが開始します。

w5

ここで1時間ちょっと。結局は次のような画面に行き着きました。

w6

ふむふむ。ビデオチップが対応していないのね。

ビデオカードを増設してインストールしようとも思いましたが、विंडोज10のアップグレード期限まではあとわずか。

情報を集めると、インストールメディアを作成すれば互換性チェックをスキップしてインストールできるみたいです。

Microsoftのページからメディア作成ツールをダウンロード・実行し、DVDのISOファイルをダウンロード。(下記↓はいつまでलिंकが有効かわかりません)

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10?wa=wsignin1.0

DVD-RにISOファイルを書き込んでインストールメディアを作成します。

作成したメディアをDVDドライブに入れると、自動的にsetup.exeが実行されます。

あとは同様にインストールするだけですが、気をつけるのは「互換性のチェック」と「重要な更新のインストール」をスキップすること。

 

 

 

w8

何度か再起動後、何事もなかったかのようにविंडोज10のセットアップ画面までたどり着きました。

ちなみに、互換性の無いビデオチップの問題ですが、「Microsoft基本ビデオアダプター」として認識され、解像度の変更なども問題なく使用できています。

w9

とりあえず使用にも問題は無いようです。

残りの同機種2台も同様にविंडोज10にアップグレードしました。

どこかで対応のビデオボードを増設するかもしれませんが、まだまだeMachineもしばらく使えそうです。